投稿検索

 Go To 奥庭  林山直樹  2020年10月30日(金) 10:09
[修正]
Go To トラベルキャンペーンを利用し、通常の半額で訪ねることができました。河口湖町に到着した時はあにくの雨でしたが、奥庭は雲の上!終日晴れて撮影を楽しむことが出来ました。


   林山直樹  2020年10月30日(金) 10:10 [修正]
ホシガラスは延べ12回ほどやってきてくれて、色々な仕草を見せてくれました。

   叶内拓哉  2020年10月30日(金) 16:44 [修正]
気持ちよさそうに水浴びをしているウソの雌、ルリビタキは若鳥雄、成鳥雄、そして、幼鳥とヒガラのツーショットも可愛いですね。
ホシガラスは本当に面白い恰好で撮れていましたね。Go Toトラベルキャンペーン、バンザイでしたね。

 教えてください。  もも  2020年10月26日(月) 14:42  Mail
[修正]
公園で撮影しました。キンクロハジロと思ったのですが、くちばしが大きい。黒いはしづめの前に白い輪がある。くちばし基部の白。などからキンクロハジロではないのかと思いました。
よろしくご教授をお願いいたします。

   叶内拓哉  2020年10月27日(火) 7:48 [修正]
キンクロハジロ雌です。嘴は、向こう側が見えているので大きく見えているのかもしれません。また、キンクロハジロには、この個体のように嘴に白い部分があったり、顔前面が白っぽかったりする個体がいます。

   もも  2020年10月27日(火) 7:54  Mail [修正]
大変よく分かりました。ありがとうございます。

 リベンジ観察会(多磨霊園)  林山直樹  2020年10月21日(水) 20:55
[修正]
先日はカメラの設定を間違えたので、そのリベンジに多磨霊園へ行ってきました。観察会のメンバーにもお会いでき楽しい1日でした。
最後に嘴の太い新種のヤマガラも発見しました(笑)

   叶内拓哉  2020年10月22日(木) 7:42 [修正]
一時は大変な人出でしたが、このヤマガラもほぼ見られなくなったので、ホッとしました。リベンジができて良かったですね。
最後のヤマガラ、赤いヤマガラよりもものすごく珍鳥! 正面顔が可愛いですね。

 ムシクイ類の名前をお教えください  80%以上は覚えてないかも  2020年10月18日(日) 0:22
[修正]
 初めて投稿させていただきます。数年前に小山内裏公園の野鳥観察会に参加させていただきまして、鳥を見る楽しみを教えていただいた者です。

 写真は、10月初旬に東京港野鳥公園の第一観察小屋入り口脇の藪で出会ったムシクイ類です。いつもは暗がりの中の枝かぶりの写真ばかりで、初めて全身をとらえることができたのですが、虫をくわえていたために嘴が一部しか見えないこともあり、名前が分かりません。ご教示のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

   叶内拓哉  2020年10月18日(日) 19:06 [修正]
これだけではハッキリとは言えませんが、メボソムシクイだと思います。

   80%以上は覚えてないかも  2020年10月18日(日) 20:52 [修正]
叶内先生、ありがとうございます!
野鳥を見始めて数年になりますが、最近になってやっとヤブの中のムシクイを見つけることができるようになりました。初めてメボソムシクイに出会うことができて、とてもうれしく思います。

 今日の出会い  yasuda  2020年10月18日(日) 15:33
[修正]
いつもの観察園、声だけで姿が見えないカケス、今日は全身丸見え!
バッチリ撮影できました。(小さいカメラでした・・残念!)
一人で、ニヤニヤ・・・・。
次回の観察会は、参加したいと思います、日程はいつでしょうか?

 今日の蝶たち  yasuda  2020年10月18日(日) 15:36 [修正]
羽根の痛んでいない綺麗な、個体がとれました。

   叶内拓哉  2020年10月18日(日) 19:08 [修正]
今年は、カケスとヤマガラが多い年のようですね。このような年は、冬鳥が多い可能性があるので、これからが楽しみです。
ミゾハギの花にやってくるキタキチョウ、スジグロシロチョウ、ツマグロヒョウモンなど、綺麗に撮れましたね。
次の観察会は11月28日の予定です。

   yasuda  2020年10月18日(日) 19:53 [修正]
返信有難うございます。冬鳥楽しみですね。11月28日参加予定です、よろしくお願い致します。

 マガンの部分白化個体でしょうか  安藤一次  2020年10月14日(水) 11:03
[修正]
2020年10月13日に青森県で撮影しました。
マガンの部分白化個体でしょうか。右のマガンより小さく見えます。
ご教示方お願いいたします。

   叶内拓哉  2020年10月14日(水) 16:46 [修正]
アイリングの黄色みはあまり見られませんが、体の大きさや嘴の色などから、カリガネの第2回冬羽ではないでしょうか?

   安藤一次  2020年10月14日(水) 22:48 [修正]
叶内先生、早々のご返信ありがとうございます。
カリガネの第2回冬羽であるとの事、ご教授頂きありがとうございます。
数少ない本種との同所での出会い、とても嬉しい気持ちです。
秋が深まり朝夕の寒暖差が身にしみるようになってきて、青森県の川では紅葉色したカラフトマスが滝越えをしています。先生におかれましては、 ご健康には一段とご留意のほどをお祈り申し上げます。 これからも、よろしくお願い致します。

 鳥に出会えない日もある。(多磨霊園観察会)  林山直樹  2020年10月13日(火) 20:10
[修正]
鳥の気配がしない観察会。やっと現れた貴重なヤマガラを撮影しようと、カメラのファインダーを覗いたものの目の調子が悪いのか?うまくピントが合わない。疲れているのか、、、
それにしても叶内先生が語る「野鳥と木の実」の話は実に興味深い。
エゴの実の虫の話、干し柿に似た味がするというムクノキを食しながら楽しく歩いた。また野鳥への興味が少し深まった気がした。

もっとも、イチイのようにタネに毒のある木の実もあるので、「野鳥と木の実ハンドブック」を参考にする必要を感じた。
この本、先生が自ら食した味のコメントもあり面白い!
まだお持ちでない方はPart2が出版されるらしいので、期待して待ちましょう!

さて、帰り際にカメラの手振れ補正機能がOFFであることに気づいた。
ふぅーと大きめのため息をつき、棒のようになった足でバスが来るのを待った。

   叶内拓哉  2020年10月14日(水) 16:46 [修正]
ミズキ、ホオノキ、サンゴジュ、ムクノキと、たまには鳥以外の撮影も良いものでしょう?! 少々、足は疲れましたけどねぇ。
次の観察会では良い写真が撮れると良いですね。

   じんさん  2020年10月7日(水) 14:04
[修正]
埼玉県の北本市で本日撮影したものです。
最初はオオルリのメスかなと思いましたが、背中を見たらわからなくなりました。
光線の関係で茶色っぽく見えただけでキビタキのメスでしょうか。

よろしくお願いします。

   叶内拓哉  2020年10月10日(土) 18:41 [修正]
今年生まれのキビタキですね。雌雄は分かりません。

   じんさん  2020年10月11日(日) 4:22 [修正]
お忙しい中、ありがとうございました。
同じ場所から撮影したものが、光線の関係でこんな色に見える場合があるのですね。
勉強になりました。

 今日の出会い  yasuda  2020年9月28日(月) 16:07
[修正]
秋晴れに誘われ、いつもの観察園へ久し振りの散歩。鳥影は全くありませんでしが、気持ちの良い一日でした。

   yasuda  2020年9月28日(月) 16:09 [修正]
出会えた蝶たち。

   叶内拓哉  2020年9月29日(火) 10:57 [修正]
 秋は以外にチョウが多いです。キチョウ、メスグロヒョウモン、ウラギンシジミ、ヤマトシジミといろいろ撮れて良かったですね。それにアオサギもダイサギも換羽が終わり、綺麗になっていますから撮影のしがいがありましたね。

 教えて下さい  小野 款司  2020年9月24日(木) 9:48  Mail
[修正]
三重県の海岸に見慣れないカモがいました。右のカモは何でしょうか?左のヒドリガモよりだいぶ大きいです。

   叶内拓哉  2020年9月24日(木) 17:54 [修正]
右の2羽はどちらもヒドリガモの雄で、手前は雨覆が白くはないので、第1回冬羽で、奥の個体は雨覆が白いので成鳥エクリプスです。左は雌で幼鳥のように見えますが、絶対ではありません。雌は雄よりも5〜6p小さいことと、向きからも小さく写っているようです。

   小野 款司  2020年9月24日(木) 18:14  Mail [修正]
大きさが全然違うので別のカモかと思っていました。ありがとうございました。

 白樺峠の初日は雨  林山直樹  2020年9月22日(火) 16:30
[修正]
9/18 畳平への道路が通行止めになるほどの雨量で、乗鞍自然保護センター周辺で探鳥です。早速ホシガラスが迎えてくれましたが、この標高では珍しいらしいですね。またイチイの実をついばむ4羽のヤマドリの姿も見ることが出来ました。こんな天気でも野鳥はあちらこちらで姿を見せてくれました。
※山荘やまよしが閉館のため、松本市内のホテルに宿泊でした。

 打って変わっての快晴!!  林山直樹  2020年9月22日(火) 16:32 [修正]
9/19,20 鷹柱が出来るほどではなかったものの300羽以上飛んだようです。中には低く近くを飛んでくるものもあり、クマタカも4個体ほど出現しました。ハチクマもたくさん観察できたのですが、個体差が多く頭が混乱しました。
来年はコロナも落ち着き観察会で山本山へ行けることを願っています。

   叶内拓哉  2020年9月22日(火) 19:33 [修正]
林山さんからの報告投稿をお待ちしていました。良い出会いがあってヨカッタですね。雨の中のホシガラス、イカル、エゾビタキ、オオルリ。どれも良い雰囲気でとてもキレイです。雨が写っている写真はなかなか撮れませんが、良いですね。また、クマタカ、サシバ、ハチクマ2点、青空の中で撮影できて良かったですね。

   林山直樹  2020年9月23日(水) 17:52 [修正]
書き込みが多過ぎるかもと心配していましたが、叶内先生のお言葉で少し安心しました。
さて、次回は多磨霊園の予定ですね。
やはり観察会メンバーで鳥見するのが一番楽しいです。
これからもよろしくお願いいたします。

 教えてください。  さよ  2020年9月22日(火) 13:58  Mail
[修正]
かなり上空を通過しました。小さいのを無理にトリミングしています。
見ずらい画像ですみませんがご教授お願いいたします。
下面の赤い色でチョウゲンボウを外しました。よろしくお願いいたします。

   叶内拓哉  2020年9月22日(火) 19:32 [修正]
チョウゲンボウ雄です。拡大しすぎて、色が変わっているようです。

 一人観察・撮影会  yasuda  2020年9月15日(火) 16:29
[修正]
林山さんの投稿を見て、居ても立ってもいられず、勇んで一人観察・撮影会に行ってきました・・・・が、鳥影少なく呆気なくお昼に撤収。残念!

 誰の落とし物?  yasuda  2020年9月15日(火) 16:31 [修正]
我が家のベランダにありました。キジバトの尾羽でしょうか?

   叶内拓哉  2020年9月15日(火) 19:21 [修正]
カワラヒワはちょうど換羽中なのですね。綺麗な個体ではないですが、それがかえって可愛いですし、ヒマワリの黄色が似合いますね。また、雌のヒヨドリと、写真からは分かりませんがダイサギのようですが、構図が楽しいですね。出かけた甲斐がありましたね。
羽はキジバトの尾羽で間違いありません。ドバトは羽先が黒っぽく、他は白っぽいのが普通です。

   林山直樹  2020年9月16日(水) 19:35 [修正]
カワラヒワの写真は、まるで多重露光のようで不思議な魅力を感じました。
私は9/19に白樺峠へ行く予定を入れてしまい、残念ながら観察会に参加できませんが、10月にまた皆様にお会いできることを楽しみにしています。

 教えて下さい  小野 款司  2020年9月14日(月) 17:59  Mail
[修正]
昨日、大阪湾の干潟で撮りました。
1枚目:コチドリでしょうか?足が黄色いのが気になります。
2枚目:ムナグロの幼鳥でしょうか?
3枚目:キアシシギでしょうか?背中の白い斑点が気になります。

   叶内拓哉  2020年9月15日(火) 8:02 [修正]
コチドリには黄色いアイリングがあります。この個体は、足も黄色いろく、アイリングが見られないことから、ハジロコチドリ第1回冬羽でしょう。また、ムナグロ、キアシシギも共に幼鳥です。

   小野 款司  2020年9月15日(火) 13:37  Mail [修正]
ありがとうございます。ハジロコチドリとは初めての出会いです。

 ビフォー観察会 葛西臨海公園  林山直樹  2020年9月12日(土) 20:56
[修正]
観覧車の横のひまわり畑にはカワラヒワやスズメが多数!必見です!!
またオナガが幼鳥を連れて飛び交っています。
渚へ向かう途中では、センダイムシクイとヤマガラが見られます。
渚へは満潮であることと、暑さのため行くのを断念。チュウシャクシギやキアシシギ、キョウジョシギなどが見られるようです。

   林山直樹  2020年9月12日(土) 20:58 [修正]
ウォッチングセンターではオオタカ(成&幼)が観察されているようです。この日はダメでしたが、かわりにミサゴが上空をゆったりと飛行してくれました。
擬岩の観察小屋ではアオアシシギ、イソシギなどが観察出来ます。
カワセミ、シジュウカラ、カイツブリ、サギ類などはポツリポツリですが観察出来ます。
鳥数は少ないですが、しっかりと観察出来ます。

   叶内拓哉  2020年9月13日(日) 14:31 [修正]
カワラヒワはバックの色が綺麗で素敵です。また、アオアシシギの雰囲気もとても良いですね。どれも、「秋晴れ!」という雰囲気の作品ですね。臨海公園の観察会が楽しみですが、その頃には、きっと、状況が変わっているのでしょうね。

 野鳥名をお教えください。  hokkaidou  2020年9月6日(日) 9:54
[修正]
猛暑続きで大変ですが如何お過ごしですか。夏場に猛禽類を見る事が少ないです。野鳥名をお教え下さい。

   叶内拓哉  2020年9月6日(日) 16:27 [修正]
ノスリです。虹彩が黄色いことから幼鳥ですね。

   hokkaidou   2020年9月6日(日) 19:01 [修正]
何時も有難うございます。

 アフター観察会 三番瀬  林山直樹  2020年8月30日(日) 9:38
[修正]
昨年は私だけ見つけることのできなかったオオメダイチドリをじっくり観察できました。T.T.社長ありがとうございました。
アフターは猛暑なので1時間だけのつもりが結局2時間半。潮が満ちたところで帰途につきました。

   叶内拓哉  2020年8月30日(日) 14:09 [修正]
オオメダイチドリ幼鳥、コアジサシ、ミユビシギ、キアシシギのフラッグ付き。オオメダイとミユビシギは、特に雰囲気が良いですね。気持ちの良い写真です。

 観察会  yasuda  2020年8月29日(土) 17:42
[修正]
三番瀬観察会お世話になりました。久しぶりの観察会、楽しかったです。
またよろしくお願い致します。

 観察会、夏空写真  yasuda  2020年8月29日(土) 17:44 [修正]
思うようなコースで飛んでくれませんでした。

   叶内拓哉  2020年8月30日(日) 14:08 [修正]
オオソリハシシギ成鳥、メダイチドリ幼鳥、メダイチドリ成鳥、オオメダイチドリ幼鳥。下段はミヤコドリ、コアジサシ、ミヤコドリと入道雲が2点ですね。雲がヨカッタですよね。どれも、あの条件下で、よく狙い撃ちしましたね。さすがです。

 教示お願いいたします  sanuki  2020年8月24日(月) 9:37
[修正]
残暑お見舞い申し上げます
写真の整理中にムシクイ類が一枚あり判定に難儀致しまして投稿です。
時期⇒2019年5月頃 場所⇒舳倉島
オオムシクイ・メボソムシクイを図鑑とにらみ調べましたが、写真が一枚、写りがいまいちで申し訳ございませんが教示お願いいたします。
ご多忙のところ宜しくお願い致します。

   叶内拓哉  2020年8月25日(火) 15:59 [修正]
これだけでははっきりとは言えませんが、下嘴は全体に肉色で、眉斑の先に褐色みがあるので、メボソムシクイではないでしょうか。
オオムシクイは、下嘴の下面に黒い部分がもう少し見える個体が多いと思います。

 教えてください  sanuki  2020年8月26日(水) 8:47 [修正]
有り難うございます、大変に助かります。
写真が一枚のみで申し訳ありませんでした。

 ご教示ください  平賀  2020年8月24日(月) 16:00
[修正]
お忙しいところ申し訳ございません。もう一点質問させて下さい。8月21日チドリと同じ河川敷に居て30分見ていても移動しないセキレイが居りました。ハクセキレイだと思いますが幼鳥で宜しいのでしょうか(幼鳥にしては胸の黒い部分が大きく見えますので)?

   叶内拓哉  2020年8月25日(火) 16:00 [修正]
ハクセキレイの成鳥で、換羽中の個体のように見えます。

   平賀  2020年8月25日(火) 16:53 [修正]
換羽中のハクセキレイ成鳥だったのですね?私も尾も成鳥のようだしハクセキレイ成長に見えるのにあまりにも同じ場所から全く移動しないので分からなくなっておりました。ご返信有難う御座いました。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18
全 1004件 [管理]
CGI-design