2012.01.06

自然の宝庫 ケアンズのご報告(2)

 カソワリーハウスに、朝食を兼ねて1時間30分ほど滞在したあと出発。ケアンズ以北の中核都市マリーバの近郊でイワワラビーを見るのですが、これが実際間近で見ると結構かわいい。マイクロバスを降りて少し坂を下ったところにある岩場に彼らの住処があるのでしょう。人慣れしているのか、我々が近付くとあちこちの岩陰から出てきて、エサをねだります。
 しかし皆さんのお目当てはやはり鳥。これまでバードウォッチングのケアンズツアーでここに来た時はイワワラビーを見た後すぐに移動したと記憶していますが、今回はイワワラビーに挨拶だけして、付近を観察してみることにしました。
 晴れて真っ青な空に真っ赤な火焔樹の花が眼にしみるようなコントラストを見せていました。まだ熟す前のマンゴーの実をタワワにつけた木があちこちにある公園のような敷地を歩いてみると、キャンプに来ているファミリーもいましたが、鳥たちには良い環境なのでしょう、いろいろな鳥を見ることができました。
 まずお目にかかったのは地面をチョコチョコあるいていた、眼の周りがオレンジ色のライチョウバトで、写真を撮ろうと追いかけたり、突如現れて低木に止まり、その細い枝を素早く動き回るカノコスズメの一団を見たり、またハチクイの仲間たちも近くの枝にとまっていたりと、これは結構いけるじゃないかと感心していたら、更になんと!キャンプしている人達のすぐ近くの木に、ガマグチヨタカが止まっているのを先生が発見しました。
 コイツは名前の通り夜活動する鳥で、とても珍しいうえに、通常日中は背の高い木の上など、わかりづらいところにいて、その姿は枝の間からわずかに見えるといったパターンでしかお目にかかれない鳥ですが、今回のヤツは地上わずか5~6mのところに止まっていて、まるで考え込んでる仙人のような顔と姿を全部見せてくれていました。しかもよく見ると♂♀2羽いることが分かり、ますますびっくり。
 しばらくあれこれ観察し、思わぬ収穫に皆さん充分満足したご様子でした。その後、北へ向けて出発。途中、夕食に飲むビールやワインを買い込み、マウントモロイで巨大ハンバーガーの昼食の後、シラオラケットカワセミが待つジュラッテンへ向かいました。
 ジュラッテンにあるキングフィッシャーズロッジには夕方到着。荷物を置いた後はさっそく観察へ。長い移動の後でもあり、自由参加ということにしましたが、やはりというか、全員が参加でバードウォッチング開始。鳥を見ることへの執念にも似た強い意気込みを感じました。
 キングフィッシャーは周辺が広い畑や牧場に囲まれた、言わば大海原にある島のような存在で、付近の鳥たちが森と水を求めて沢山集まってくるのだそうで、宿泊施設のキングフィッシャーズロッジは1年前から手配してもなかなか希望通りの予約が取れないくらい人気の高いところです。
 全員で森林を散策し、鳥を探します。このような小さなロッジに2泊したのには訳がありまして、ここにはどうしても見たい鳥が2ついるのです。ひとつはシラオラケットカワセミ、そしてもうひとつ、ヤイロチョウです。付近を歩き、ロッジから林を抜けたすこし低いところ、森に囲まれた草地が広がり、近くに川がある場所を約1時間ほど観察していろいろな鳥を見て、そろそろ引き上げようかと思い始めた時、誰かがシラオラケットカワセミを発見しました。
「ラケットだ!!」
 皆さん一斉に示された方向を向きます。いた!近い!しかし、枝が・・・・。シラオラケットカワセミは、低い木に一瞬とまった後、皆の視線を感じたかのように、飛んでいってしまいました。でもほんのわずかでしたが、その特徴的な白く長い尾羽をハッキリと見ることができました。残念!いやしかしこれで皆さんの期待が大きく膨らんだようでした。
 キングフィッシャーでの夕食は、正直なところ盛りだくさんというわけにはいきません。お酒も置いていません。でも途中で買ってきたワインやビールをあけ、用意してくれた夕食を食べながら、今日の鳥果に話がはずむと、本当に皆さんこれ以上ないという幸せな顔をしておられました。
 部屋に戻ってから、いつものように先生たちと少しビールを飲んで、楽しく明日からの計画を打ち合わせしましたが、先生はいつも通り、10時過ぎには寝室へはいられました。でもリビングにベッドのある私は、この時間に眠ることができません。そのための対策で持ってきた本を読みながら、それでも0時前には寝ることができました。さあ明日の朝も早めの探鳥が始まります。

            

       イワワラビー                ライチョウバト             カノコスズメ 

                          

オーストラリアガマグチヨタカ♂   オーストラリアガマグチヨタカ♀        キイロミツスイ

             

 頭上の鳥を探すみなさん         巨大バーガー           メガネコウライウグイス    

         

    ゴールデンレイン           キアシヒタキ            シラオラケットカワセミ

今月のおススメ商品
一般の方向けショップ 会員の方向けショップ

365日出会う大自然 野鳥
品番:B-014
品名:365日出会う大自然 野鳥
出版元:誠文堂新光社
販売価格:2,520円
絵解きで野鳥が識別できる本
ポケット図鑑 日本の鳥300 改訂版
品番:B-006
品名:ポケット図鑑 日本の鳥300 改訂版
出版元:文一総合出版
販売価格:1,296円
野鳥写真の撮り方
名前の由来と語源 山渓名前図鑑「野鳥の名前」
品番:B-011
品名:名前の由来と語源 山渓名前図鑑「野鳥の名前」
出版元:山と渓谷社
販売価格:3,360円
名前の由来と語源 山渓名前図鑑「野鳥の名前」
ハンドブックシリーズ 「野鳥の羽ハンドブック」
品番:B-012
品名:ハンドブックシリーズ 「野鳥の羽ハンドブック」
出版元:文一総合出版
販売価格:1,470円
ハンドブックシリーズ 「野鳥の羽ハンドブック」