樫の木とカケス

2012.10.29


シラカシの実を食べた直後に飛び立った。

2006年の秋から今年の初めにかけての冬は、都心でも見かけるほどカケスの姿がよく目に付いた。カラスの仲間にしては美しい羽を持っているので、鳴きさえしなければ結構人気の高い鳥なのだが、いかんせん警戒心が強く、そうじっくりとは見られないのが普通である。それが、全シーズンはやけに目について、遠出しないときの何日間かは、私はカケスの撮影に専念した。
コナラの木が多いところにねらいを定めて、数日通い詰め、なんとか撮影することができて大喜びした。しかし、カケスという名前の語源にもなっているカシの実を食べる様子も撮影したいと、はたと思いついた。カケスはカシの木に棲むと言われ、樫鳥とも呼ばれていたというのだから、こちらにもきっと姿を現すに違いないと、ねらいを定めてカシの木に日参した。数日間通い、ついに撮影でき、その中の一枚がこの写真。アップではないが、ナラではなくカシの木から飛び出した瞬間である。私的にはかなりご満悦なのだが、人には説明しないと分かってもらえないのがちょっと寂しい。

今月のおススメ商品
一般の方向けショップ 会員の方向けショップ

365日出会う大自然 野鳥
品番:B-014
品名:365日出会う大自然 野鳥
出版元:誠文堂新光社
販売価格:2,520円
絵解きで野鳥が識別できる本
ポケット図鑑 日本の鳥300 改訂版
品番:B-006
品名:ポケット図鑑 日本の鳥300 改訂版
出版元:文一総合出版
販売価格:1,296円
野鳥写真の撮り方
名前の由来と語源 山渓名前図鑑「野鳥の名前」
品番:B-011
品名:名前の由来と語源 山渓名前図鑑「野鳥の名前」
出版元:山と渓谷社
販売価格:3,360円
名前の由来と語源 山渓名前図鑑「野鳥の名前」
ハンドブックシリーズ 「野鳥の羽ハンドブック」
品番:B-012
品名:ハンドブックシリーズ 「野鳥の羽ハンドブック」
出版元:文一総合出版
販売価格:1,470円
ハンドブックシリーズ 「野鳥の羽ハンドブック」

会員様はこちら
新規会員登録
キムラっち「観察会ツアーのおとぼけウォッチ」
日帰り観察会のご案内
叶内拓哉と行く!バードウォッチングツアーのご案内
後援のご依頼や写真の貸し出し承ります
日本旅行・東京予約センターへ
KOWA PROMINAR・オフィシャルウェブサイトへ